生活創生学部 こども発達学科

時代や社会に求められる「子どもの専門家」を育てます

こども発達学科

「小1プロプレム」の多面的な理解を踏まえ、保幼小の接続や様々な機関と連携した児童虐待への対応など、今日の子どもを巡る課題に適切に対応するためには、教育や福祉といった分野を横断する知識や視点、そして高い専門性が求められます。

青森県内で唯一、教員免許状と保育士資格が取得できる4年制大学として、確かな指導力と実践的な対応力を備えた「子どもの専門家」を輩出しています。

授業風景
授業風景
授業風景

教育目的

子どもの豊かな発達と人間形成に必要な幅広い専門的知識・方法等を教授研究し、高い知性と豊かな情操をそなえた実践カのある幼稚園・小学校教諭及び保育士の養成をはじめ、社会各般の分野で貢献できる人材を育成します。

学びのポイント

青森県内で唯一3つの免許・資格が同時に取得可能

青森県内で唯一3つの免許・資格が同時に取得可能

こども発達学科では履修する課程に応じて、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭という最大3つの免許や資格が卒業時に取得できます。

そのため、「小1プロブレム」や保幼小の円滑な接続といった、昨今の幼少期の教育課題に対応できる高い専門性を備えた保育者・教諭としての資質・能力をしっかりと高めていくことができます。

実技や演習を重視した実践的カリキュラム

実技や演習を重視した実践的カリキュラム

幼児教育者を目指す多くの人が、自身のピアノ技能を心配しています。本学のピアノの授業は、初めてピアノに触れる人でも2年間で必ず現場で指導できるレベルに到達できます。

本学には個室のピアノ練習室が12室、その他も含め常時20台程度を自由に利用できます。空き時間を活用して効率良く技能修得が図れます。

こども発達学科の学びは、あらゆる職種の基礎

こども発達学科の学びは、あらゆる職種の基礎

子どもの成長に関わる人には、深い人間理解、あたたかく包み込むような優しさ、子どもの言葉や思いに傾聴する姿勢、そして多様な人々と連携するためのコミュニケーション能力が求められます。

これらのスキルや能力は、保育や教育に限らず、あらゆる職種で求められるものです。4年間の深い学びを活かして、こども発達学科の卒業生は教員以外の幅広い職種でも活躍しています。

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(学生受け入れ方針)

高等学校までに育んできた『学力の三要素』の評価の仕方

本学では、さまざまな課題に対して思考し、判断し、表現する力が求められ、また主体的に協働して学ぶ態度も要求されます。特に、教育・保育に関する専門書の読解力、および自分の考えをまとめる文章力が必要とされます。そのため、高等学校段階での国語および英語の基礎学力を入学前にそなえていることが望まれます。

  • 一般選抜では、国語と英語の筆記試験および個別面接試験を実施します。
  • 大学入学共通テスト利用選抜では、「知識・技能」を重視し、個別面接試験を実施します。
  • 総合型選抜では、エントリーシートと活動報告書、プレゼンテーション、および個別面接試験によって、学力の三要素を総合的に評価します。
  • 学校推薦型選抜では、読解力・文章力・表現力等を小論文試験で評価し、個別面接試験を実施します。

すべての個別面接試験では、特に「思考力・判断力・表現力」および「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価します。

求める人物像

  • 子ども一人ひとりを大切にする人
  • 自らの成長にも夢をもって努力する人
  • 子どもの発達や教育について学びたい人
  • 大学での学びを達成するために必要なコミュニケーション能力と協調性をもっている人
  • 高等学校の主な教科の基礎学力をそなえ、また、スポーツや文化、芸術面などの素養がある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

  1. 教養科目や専門科目を通じて、現代社会のさまざまな課題を理解し、これらの問題の解決のために必要な考察力や判断力を身につけます。
  2. 幅広い基礎(子どもに関する原理、心理学、表現技法など)から、学年進行に伴って深く応用的な課題(子どもに関する知識・技能、各教科の教育法や指導法など)を学べるように授業科目を配置し、教育・保育に必要な専門的知識と専門的技術を身につけます。
  3. 免許・資格に必要な実習や学内での学修を通じて、子どもにかかわるプロとしての自覚と責任感、倫理観、使命感を育成し、社会に必要とされるコミュニケーション能力と協調性および自己管理能力を身につけます。
  4. 「卒業研究」では、論理的思考力を養いながら、問題解決能力やプレゼンテーション能力を身につけます。
  5. 日常の学修指導(生活指導・履修指導)を通じて、自己管理能力を身につけます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

4年間の学びを通して所定の単位(124単位)を修得し、カリキュラム・ポリシーに定めた専門的知識と専門的技術、問題解決のための考察力・判断力、そして社会において活動するために欠かせないコミュニケーション能力と協調性、および問題解決能力とプレゼンテーション能力を身につけた学生には、卒業が認定され、学士の学位が授与されます。

取得可能な免許・資格

  • 小学校教諭一種免許
  • 幼稚園教諭一種免許
  • 保育士資格

目指せる職業

小学校教諭

小学校教諭 小学校教諭

幼稚園教諭

幼稚園教諭 幼稚園教諭

保育士

保育士 保育士

過去5年間の主な進路実績

取得した免許・資格を活かした就職

     
  • 小学校 特別支援学校(自治体によっては小学校免許で受験可)
  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 保育士
  • 児童福祉施設

取得した免許・資格に直接関係しない就職

     
  • 金融業(銀行、信用金庫など)
  • 交通運輸系(航空会社、JRなど)
  • 一般事務系
  • 販売系
  • 技術系(自動車学校、エステティシャンなど)
  • 公務員系(五所川原市役所、青森県警察本部)